たった一滴でできる、
新しい形のがん検査。

N-NOSEとは?

たった一滴の尿でがんリスクが調べられる最新検査

 

N-NOSEは、線虫という小さな生物が持つ、“がん患者の尿に集まり、健康な方からの尿からは逃げる”という性質を利用した検査です。手軽に受けられる上、早期がんに関する感度が高いので、まず初めに受ける”がんの1次スクリーニング検査”に最適です。

簡便

検査に必要なのは尿1滴

高精度

感度は86.3%※1

安価

全身※2のがんを一度で調べられて9,800円(税抜/参考価格)※3

早期発見

ステージ0、1の早期がんにも反応することを臨床研究において確認

苦痛がない

身体的負担がなく定期的に受けやすい

全身網羅的

一度の検査で全身※2のがんリスクを調べることができる

※1 がん患者を「がん」と判定する確率

日本がん予防学会(2019年6月)、日本人間ドック学会(2019年7月)、日本がん検診・診断学会(2019年8月)で共同研究機関が発表したデータを集計

※2 線虫が反応することがわかっているがん種

胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、膵臓がん、肝臓がん、前立腺がん、食道がん、卵巣がん、胆管がん、胆のうがん、膀胱がん、腎臓がん、口腔・咽頭がん(15種類)

※3 料金について

別途、結果報告書の送料を申し受ける場合がございます。

N-NOSEのしくみ

生物(線虫)が、機械では測れない微かな匂いを検知

がん患者の方には、健康な方にはない特有の匂いがあるということが様々な研究結果から示唆されています。線虫は、犬の約1.5倍の嗅覚受容体様遺伝子を持つため、より多くの匂いの識別が可能であると考えられており、最新の臨床研究において、がん患者の尿と健常者の尿を高精度に見分けるということが明らかになりました。

N-NOSEの検査結果の判断について

N-NOSEは、これまでの臨床研究をもとに、検査時のがんのリスクを評価するもので、がんを診断する検査ではありません。 そのため、検査で「がんのリスクが検出されなかった方」でもがんに罹患していないとは言い切れませんし、検査で「がんのリスクが高いと判定された方」でも、必ずしもがんに罹患していることを示すものではありません。 N-NOSE®の検査結果だけに基づき自ら判断することはお控えいただき、検査結果の解釈やその他の必要な検査に関しては、ご自身の健康状態を踏まえ、医師にご相談されることをお勧めします。

N-NOSEを受けるのはとても簡単

検査の流れ

  1. 1

    N-NOSE取り扱い施設へ検査の申し込み

  2. 2

    N-NOSE取り扱い施設にて採尿

    凍らせた尿検体が検査センターへ運ばれます。

  3. 3

    N-NOSE検査センターにて
    検査実施

    検査結果票を当該施設へ送付します。

  4. 4

    当該施設からあなたへ
    検査結果を報告

あなたの街でも受けられる

N-NOSE取り扱い施設

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点より、一部の取り扱い施設においてN-NOSE検査の受付が延期・一時休止されています。詳細につきましては各施設へご確認ください。

当社は、一般の皆様および医療機関の負担を減らすため自宅でもN-NOSEが受けられる新サービスを準備中です。新サービス開始まで、ご不便をおかけしますがご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

検査の前にお読みください

よくあるご質問

N-NOSEとはどんな検査でしょうか?どのようにがんの有無を判定するのですか?
N-NOSEは尿中のがんの匂いを生物の嗅覚を用いて検知する技術(検査)です。
検査に使用する線虫 C. elegansは、がん患者の尿には誘引行動(近寄る)を示し、 健常者の尿には忌避行動(離れる)を示します。
この特性を利用し、線虫の尿に対する反応を調べることで、被験者の現時点でのがんのリスクを判定します。
従来のがん検査とどう違うのですか?
N-NOSEはこれまでの検査とは全く異なり、生物の能力を活かして行う検査です。
「安価」「簡便」「高精度」などの利点があり、誰もが手軽に受けられる検査なので、がんの1次スクリーニング検査(がん検診の入り口として検査)として期待されています。
ステージ0、1の早期がんにも反応することが確認されており、また一度の検査で全身網羅的にがんリスクを調べることができます。
感度はどのぐらいですか?
がん患者を「がん」と判定する確率(感度)は86.3%となっています。健常者を「がんではない」と判定する確率(特異度)は90.8%となっています。 (日本がん予防学会(2019年6月)、日本人間ドック学会(2019年7月)、日本がん検診・診断学会(2019年8月)で共同研究機関が発表したデータを集計)
どんながんの種類が分かるのですか?
これまで全国17カ所の大学および病院と行った臨床研究において、線虫は、5大がん(胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん)をはじめ、膵臓がん、肝臓がん、前立腺がん、食道がん、胆嚢がん、胆管がん、腎がん、膀胱がん、卵巣がん、口腔・咽頭がん(15種類のがん)に反応することが確認されています。(2019年9月現在)。
現在、その他のがん種についても研究を進めており、対応するがん種は今後さらに増えると考えています。
N-NOSEを受けるにはどうすればよいですか?
N-NOSEを導入している医療機関や健診センターで受けることができます。施設は当社ホームページにて順次公開していきますので、それぞれの施設にお申込みください。
検査結果を受け取ったらどうしたらいいですか?
N-NOSEは、これまでの臨床研究をもとに、検査時のがんのリスクを評価するもので、がんを診断する検査ではありません。そのため、検査で「がんのリスクが検出されなかった方」でもがんに罹患していないとは言い切れませんし、検査で「がんのリスクが高いと判定された方」でも、必ずしもがんに罹患していることを示すものではありません。N-NOSEの検査結果だけに基づき自ら判断することはお控えいただき、検査結果の解釈やその他の必要な検査に関しては、ご自身の健康状態を踏まえ、医師にご相談されることをお勧めします。
どのような人が対象となる検査ですか? 子供でも検査を受けられますか?
N-NOSEは尿を検体とする検査であるため、がん年齢と呼ばれる40歳以上の方はもちろん、その他のすべての世代の方にも受けていただくことができます。
ただし、小児がん* に対する有効性については現在臨床研究中であり、その検証が終わり次第発表する予定です。
なお、未成年の方が受検される場合は、代諾者の署名が必要となります。
*小児がかかるさまざまながんの総称。一般的には15歳未満にみられるがんのこと。
年代・性別による精度の違いはありますか?
これまでの臨床研究の結果からは、年齢と性別による影響(精度の違い)は見られておりません。
常用薬・サプリメントを服用していますが、判定に影響はありますか?
これまでの臨床研究では、生活習慣病などの薬やサプリメントによって判定が影響を受けたという報告はございませんが、詳細な影響については現在研究中です。
がんの既往歴がありますが、再発がわかりますか?
再発がわかるかどうかは、現在研究中です。
検査結果を受けとるまでに掛かる日数を教えてください。
当社が検体を受領してから検査の結果を発送するまでは、通常6週間ほどです。但し、年末年始等の時期によっては、それ以上の時間を要する可能性があります。また、天災事変等の不可抗力、その他やむを得ない事情により、検査の実施及び結果の発送が遅延する場合があります。
検査を受けるにあたり、注意が必要なことはありますか?
以下の項目について、ご理解いただき、ご納得のうえで検査をお受けください。
  • N-NOSEは、採尿時点のがんのリスクを評価する検査です。
  • N-NOSEの検査料金は、健康保険適用外で自己負担となります。また、受検後の医療機関への受診も、健康保険適用外となります。
  • 次の場合は採尿を避けて別の日に採尿してください。(体調がすぐれないとき、疲労が激しいとき、長期の睡眠不足や徹夜明けのとき、感染症に罹っているとき、アルコール摂取時もしくはアルコールの影響が残っているとき、妊娠中のとき、生理中のとき)
  • 採尿の際は、空腹時(食後4時間以上)の中間尿(出始めと終わりは採らず、途中の尿)を採取してください。

N-NOSEが目指すこと

子供たちにもがん検査受診の機会を

一般に、がんの罹患率は50代から増加、高齢になるほど高くなります。しかし、女性特有のがんは20代や30代で発症する方もおり、 数は少なくても小児やAYA世代(思春期・若年成人)でがんを発症する方もいます。尿で簡単に検査できる苦痛がない線虫がん検査N-NOSE®は、小児も含めたすべての世代が受けられるがん検査になりうると私たちは考えています。がん検査への心理的・経済的ハードルを下げ、「がんが心配だけれど、いろいろな検査を受けるのは大変そう」等の懸念を払拭することで、一人でも多くの方のがんに対するリスク管理意識を高めることを目指しています。

N-NOSEの売上の一部は、小児がんの子供たちを支援する一般社団法人Empower Childrenに寄付されます。

運営会社(HIROTSUバイオサイエンス)からのお知らせ