一滴の尿から15種類の
がんリスクを高精度に判定

N-NOSE

  • 簡便
  • 高精度
  • 安価
  • 早期発見

N-NOSE®とは

線虫という生物の優れた嗅覚を用いる、全く新しいコンセプトのがん検査です。
6つの特長を備えており、 “がんの1次スクリーニング検査” に最適です。

*線虫が反応することがわかっているがん種

胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、膵臓がん、肝臓がん、前立腺がん、食道がん、卵巣がん、胆管がん、胆のうがん、膀胱がん、腎臓がん、口腔・咽頭がん(15種類)

ご購入はこちら

N-NOSEのしくみ

生物(線虫)が、機械では測れない微かな匂いを検知

がん患者の方には、健康な方にはない特有の匂いがあるということが様々な研究結果から示唆されています。線虫は、犬の約1.5倍の嗅覚受容体様遺伝子を持つため、より多くの匂いの識別が可能であると考えられており、最新の臨床研究において、がん患者の尿と健常者の尿を高精度に見分けるということが明らかになりました。

N-NOSEの検査結果の判断について

N-NOSEは、これまでの臨床研究をもとに、検査時のがんのリスクを評価するもので、がんを診断する検査ではありません。 そのため、検査で「がんのリスクが検出されなかった方」でもがんに罹患していないとは言い切れませんし、検査で「がんのリスクが高いと判定された方」でも、必ずしもがんに罹患していることを示すものではありません。 N-NOSE®の検査結果だけに基づき自ら判断することはお控えいただき、検査結果の解釈やその他の必要な検査に関しては、ご自身の健康状態を踏まえ、医師にご相談されることをお勧めします。

ご購入はこちら